人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで影響しあい生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 10/1 新月 | main | 屋久島旅行記 >>
トランプさんってどんな人? アメリカはなぜ彼を選んだ?

いやぁ、アメリカの大統領選挙うすうす予感はありましたが、ついにトランプ大統領の誕生です。 

日本では彼はトンデモない人としか情報がはいってこなかったので、トランプさんのチャートから彼ってどんな人?なんで勝てたの?を占星術の視点から見てみたいと思います。

 

☆トランプさんの出生図 

※この占星術ソフトだと出生時間が自動調整できないので日本時間に直してあります (ホントは、1946/6/14 10:54 NY生まれAstrodienst DataBankより)

〜仍匣造梁斥曄⊆夕蟶造侶遒180度配置で満月の寸前(2時間位)に生まれているので、まさに満を持して生まれてきた感じ。このチャートの円環の上方にある太陽によりそう天王星(天王星)は改革者であり破壊者と変人の象徴。しかもその対面にある月は射手座なので、超イケイケ拡大志向の性格です。また、人生の出発地点を表すアセンダントは獅子座最後の度数30度、そこに火星がほぼ同じ位置にあり、これもカリスマ性と超越オレサマ的な性格で、そこに火星の勢いが加わって産声をあげた直後からブイブイいわせていたような人です。

∩仍匣造梁斥曚伴夕蟶造侶遒魴襪崋瓦魘νするピンク色の三角形が2つできていますが、これは多彩な営業的才能をもっていてビジネスマンとして精力的に活動している人だということがわかります。双子座の太陽は、子供で言うとちょうど歩き始めたばかりの2歳児の心理状態で、見るもの聞くもの世界はワンダーに満ちているっていう人なので、こおいう人は生活がマンネリになったりすると生きてゆけません。よって奥さんが3人目とか女性問題が絶えないとかも納得です。まぁ、見たまんまのトランプさんを象徴する星回りです。

ブルーの線の蟹座の水星(水星)からは、彼の言動の傾向がわかりますが、「自分の」家族、「自分の」会社、「自分の」国がいつも中心で自分が身内と認めた人には超優しいけど他の人は無視っていうような感じです。でも、彼の家族、会社、国を守るって発言は、水星の90度の位置にいる天秤座の海王星(海王星)によってほとんどがリップサービス(彼の発言の基本は相手を喜ばしたい玉虫発言)なので当てにならないと思っておいた方がいいかと。。(そういえば同じような蟹座、天秤座90度の天体配置を日本の安倍さんも持っていて、本人は悪気はないんだろうけど彼のいう事も当てにできません。この点はトランプさんとよく似た感じなので2人の会話は狐とタヌキの騙し合いみたいになっちゃいそう。)政治の人なので文書とか公約になってるモノはまた別扱いでしょうが。。

こ座の金星(金星)に土星(土星)がほぼ同じ位置にあり、他の天体と手をつなぐことなく孤立しています。 これは家族の凝集性が他の家族よりとても高く、また家族の財産を他の人に触れさせないように守る金庫番みたいな役目を果たしている人だと思います。この内に内に財産を囲い込むような星回りは、彼のグローバルからローカル路線への方向性と一致しています。また、自国の利益を優先するという発言はアメリカの建国図の蟹座の水星とトランプさんの土星、金星とほぼ同じ位置にあるので、アメリカ国民にとっては彼が自国の言論を代弁してくれる人と見えたのも今回の勝因と思われます。今回の選挙では、この金庫から物凄く散財するってリスクをおかしたので、当選しなかったらマズイ状況になっていたかもしれません。 当選したので財政はなんとかなりそうですが、家族のマンパワーを政治に投入しようとしているので、家族にとってはある種の危機的状況が訪れているかもしれません。 3男のバロンとか結構いい迷惑かも

ぅ肇薀鵐廚気鵑離廛蹈哀譽垢梁斥曚倭挙の時点で乙女座に入ったばかりです。これは今まで30年間プログレスの太陽は獅子座にいてオレ様人生を謳歌していましたが、オレ様人生のシンボルになる確固たる実績を残したいと思いはじめたのだと思います。その結果が大統領選挙への出馬で今回は見事に当選しました。強運の持ち主ですねぇ。

 

結論しとしては、トランプさんは永遠の2歳児のような人で、いつも好奇心満々イキイキした世界を生きており自分の好きなことブイブイいわせながらやってきた人です。トランプショックの方に慰めにはならないかもしれないけど、彼は猟奇的とか意地悪とかの陰湿さはないのでそおいう点は安心できる人だと思います。かたや、自分が何をすれば楽しいか何を食べれば美味しいかとか人生の基本的喜びを全くわかっていないようなヒラリーさんのチャートはものすごく寒い感じがします。トランプさんとは比較にならないくらい悲惨です。彼女はお父さんの厳しい躾によって「こう生きなければならない」っていう人格の殻(から)は強いけど表面だけで中身はスカスカです。人格の核になる部分が圧倒的に弱い人。巨大な権力との共依存でかろうじて威厳をたもっていたようなところが、有権者に説得力なかったのだと思います。わたしの個人的意見ですが、ヒラリーさんには女にだらしない夫を首にしてウォール街や医産複合体との共依存関係を清算し自分の魂の本質探しの旅に出て欲しいです。もし彼女がそおいう選択ができたなら、わたしは個人的にものすごく彼女を尊敬します。

 

 

☆アメリカ建国図 開票結果のでた時 '16/11/9 16:45 日本時間
(建国図は、1776/7/4 17:10 フィラデルフィアで作成 Astrodienst DataBankより)

開票結果がでたときアメリカという国の運勢はどうなっていたかというと、

〃国図の冥王星(冥王星)にリアルに天空を移動中の冥王星がもうすぐ重なろうとしている。これは、冥王星のテーマの「破壊と再生」にまつわるエピソードがアメリカに起こって来ている事を表していて、ぴったり重なるのは2022年位からです。 スノーデンさんを取り逃がしちゃったとか、ISがすごい暴挙にでるようになっちゃったとか、今回の選挙とか、アメリカの再構築のさまざまなエピソードかと思われます。

⇔个了鯵儼舛魯▲瓮螢のプログレスの月が天王星の正面にきていて海王星とも90度です。しかもアセンダントに重なろうとしているので、アメリカの今までの30年が終わろうとしていて、新しい30年はガラッと変わってはじまることを示しています。しかも、この直角三角形の配置の星回りはリアルに天空を移動中の土星と海王星90度(被支配者層の反乱による権力者の転覆)に巻き込まれてスタートします。今回のトランプ勝利とかです。

上の図にはトランプさんの天秤座の海王星は出てきませんが、彼の海王星とアメリカ建国図の太陽とゆるく90度の配置なので、トランプさんがアメリカの今後を良くも悪くも大きく変えてゆくだろうと想像できます。 

い靴しながら、ピンクの線のプログレスの太陽(太陽)と建国図の太陽は120度、このアスペクトは今後10年くらい続くので、いろいろショックなことはあるかもしれないどアメリカが目指してる方向性は合ってるっていう流れになります。アメリカは学校でお世話になって大好きな人がたくさん居る国なので、どうぞ上手く変わっていってくださいと思います。

 

 

☆2022年のアメリカ冥王星回帰時期の太陽回帰図(独立記念日)

2022年は建国図の冥王星にリアルに天空を移動中の冥王星がぴったり重なり始めます。この位の時期から冥王星が水瓶座にサインを変えようとする時期も重なってきます。中国やロシアなど共産圏の国々に変化の波が押し寄せるようになるので、世界は更なる混乱の時期に突入します。 まだ先の話で不確実なことが多すぎるので詳細は書けませんが、アメリカの「破壊と再生」の物語はこの時期くらいからピークを迎えます。

まぁ、その前に、あと2年後2018年に天王星が牡牛座に入る時にも重要な出来事がなにか起こると思いますが、今地球上で暮らす人たちの意識の総和が起こることを最善から最悪までどのシナリオになるのか左右するので、人類ができるだけ最善の選択ができるように今は自分にできる事(新しい時代に備えること。わたしは新電力に電気会社を変えました。。)を粛々とする事と祈ることでしょうか。。

 

 












サイト2次元バーコード
qrcode