人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで生きる生命体です。 このブログでは、占星術の記事とイベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 海王星うお座時代 | main | 2018年の運勢をよむ >>
占星術で読み解く時事ニュース vol.2

〜占星術的 時事問題解釈〜



時事問題や話題になっている人物をテーマにホロスコープを読みます。

 

1回目:
『2018〜2019年朝鮮半島の国境線が変わる! トランプ政権と中ロのリーダーたちの攻防』

【平日】10月23日(月)14:00-15:30

取り上げるテーマは、最近ミサイルを撃ちまくる北の方ですが、2018〜2019年、北朝鮮の建国図から朝鮮半島情勢を読みます。またトランプ、習金平、プーチン、キムジョンウンのバースチャートから朝鮮半島情勢に関わるリーダーたちの攻防についても。

 

 

2回目:
『安倍政権に影響した日蝕について』 
【平日】11月20日(月) 14:00-15:30

取り上げるテーマは、日蝕がその国のリーダーにどのような影響を及ぼすか、安倍政権の変遷を事例に取り上げ検証します。2007年9月11日の日蝕の翌日に安倍首相は体調不良を理由に辞任を表明、2009年7月22日の日蝕では前日に自民党が衆議院議員を解散、2012年11月14日の日蝕の2日後に民主党の野田首相は「近いうち解散」を表明など、日蝕と政治の節目は密接にからみ合います。

 

 

3回目:
『元SMAPの3人に何が起こったのか?』
【平日】11月27日(月) 14:00-15:30

取り上げるテーマは、解散したSMAPの3人 草薙剛、稲垣吾郎、香取慎吾がabemaTVの72時間放送で総視聴者数7,400万人越え、テレビ業界も驚きの記録を残しました。30代半ばから40代前半くらいまでは占星術でいうところの中年の危機の真っ最中、3人に何が起こったのか、解散から現在に至るまで彼らの星回りを検証します。

 

 

4回目:とり 次回の講座は12月10日と11日です。
スノーデンの暴露と変わってゆくアメリカ

取り上げるテーマは、スノーデンの機密暴露とアメリカの建国図の冥王星回帰の経過(根本的に変わってゆくアメリカ)です。スノーデンの暴露記事は、2013年グランドクロスに巻き込まれていたアメリカ建国図の太陽の上を水星が通過中に発表されました (水星=情報この場合CIA)。また、先日8月のアメリカ大陸を横断した日蝕と7年後にまた米国の上で起こる日蝕この7年間に冥王星回帰が起こります。トランプ大統領誕生以降これから7年間の米国の変遷について星回りを読みます。

【休日】12月10日(日)14:00-15:30
【平日】12月11日(月)14:00-15:30

 

 


受講費:8,000円(4回参加)、2,500円(単発参加) 

※当日キャンセルは参加費の100%をキャンセレーションフィーとして申受けます。


場所:新横浜(小机)

お問合わせ、お申込み:
(Tel) 080-3974-8463
(メール)stay.presence@gmail.com